家電や家具の処理に困った場合

大量のごみもすぐに片付く!不用品回収の賢い使い方

不用品の量を伝えておこう

使わない趣味の道具

今はやっていない場合は、趣味の道具も引き取ってもらってください。
釣具なども、不用品として業者に出せます。
業者に連絡する際は、何をどのくらい処分するのか伝えてください。
不用品回収業者を利用する際の料金は、トラックやスタッフの数に応じて変わります。
小さいトラックや、スタッフが少ない場合は安い料金で済みます。

しかしトラックやスタッフが増えると、料金が高くなってしまいます。
小さなトラック1台で済むのに、大きなトラックを使うと無駄な出費が増えます。
不用品の情報を伝えないと、業者が間違ってしまうかもしれません。
こちらが連絡する時に、詳しい情報を伝えることが大切です。
不用品の種類だけでなく、量やサイズも言いましょう。

たくさんの道具を出す時

処分する趣味の道具が多いと、料金が高くなります。
なるべく、安い料金で済ませたいと思っている人がいるでしょう。
その場合は見積もりを聞いて、比較するのがいい方法です。
同じぐらいの量を出す場合でも、各不用品回収業者によって料金が変わります。
複数の業者に聞くことで、最も安い料金のところが判明します。

すぐに趣味の道具を処分しなければいけない時は、複数の業者に聞けなくなってしまいます。
あとから、別の不用品回収業者にすればよかったと後悔しても手遅れです。
時間に余裕を持って、自分に合う業者を見つけてください。
また料金だけでなく、自分が指定した時間に来てくれるのか、スタッフの対応が親切なのかという部分はチェックしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る